ロープサインワークス

ロープアクセス技術とは

ロープアクセス技術とはロープで物を移動させたり、人が近寄ることが困難な場所へ接近することができる技術のことです。例えば100kgの重量物を複数の支点で重さを分散させ専用のギヤ(プーリー)を使用することによって50kgや25kgの力で昇降させたりすることが可能ですし登高器(アッセンダ―・クロール)や下降器(ID・STOP)を操作することによって作業員の登高と下降、ロープ間の移動も安全を確保しながら行うことも可能です。ロープサインワークスではロープアクセス技術を看板施工に応用した独自の方法で支点とロープ、ギヤを最適に構築することで高所でのシートの貼り込みや取付、撤去、メンテナンスを可能にしていますので建築足場や仮設ゴンドラ、高所作業車の設置が難しい場合や短時間のためそれらの設置が現実的でない場合に「もうひとつの選択肢」として考慮される方法です。